禁煙すると太るってホント?

最近はタバコの吸いづらい世の中になってきましたよね。
吸える場所が激減したから、ちょっと一服のために遠い喫煙所に足を運ばなきゃならなくなりますね。
どうせだったらこのまま禁煙しちゃえば、そんな風に思う人が増えていると思います。
でも最後の一線で二の足を踏んじゃんですよね。
あと不安に思うのは禁煙したら太っちゃうってことですね。
個人差が非常に大きいみたいですけど、禁煙をした後は平均で5〜6キロ体重が増加するという報告もあるようです。

 

 

タバコの煙の中にはニコチンを筆頭に、有害化学物質が多数含まれていることはみんな知っています。
吸えば肺から毛細血管に流れ込み、これらの物質を肝臓が一生懸命代謝するのでそのためのエネルギーを喫煙者は消費しているということですね。
禁煙開始日を境にしてこの代謝エネルギーの消費が止まるので、余剰エネルギーが生じてくるわけです。
食事量が喫煙時と変わらなければ、体重の増加する可能性が出てくるわけですね。
でも体重が増えることを考えて禁煙しないというと体に悪いわけで・・・

 

 

今タバコを吸っている人でも本心ではやめたいと思っている人が多いわけです。
どうせ辞めるなら1日も早くやめた方がいいはず。
もし禁煙できたらもっと快適に体を動かせるはずですからね。
動きやすくなれば禁煙で増えた体重を落とすこともできるかもしれませんよ。

禁煙をすると味覚が変わる

ニコチンは血管を収縮する作用があります。
このため毛細血管の先端に血行不良を生じてます。
喫煙者の口内には、常にタールやニコチンなどが残留してものの味わいを邪魔をしています。
だから余計に濃い味付けに傾いたりしています。
濃い味好みの食事といえば、ソースやマヨネーズ、ケチャップまみれの高カロリー食をはじめ、血圧に影響しそうなしお味の強い料理が多いです。
だからメタボ飯になっているということですね。
そんなメタボ飯になれきった後で禁煙すれば太るのも無理は無いですよね。
朝にご飯を食べないという習慣がついていれば太るリスクはさらに多くなります。

喫煙することで脳やホルモンに影響がある

満腹中枢があるのは大脳の視床下部です。
そこにある受容体に神経伝達物質のアセチルコリンが結合すると、副交感神経が優位になって本来なら食事に向かうはずなのです。
でもニコチンが交感神経を刺激して、喫煙者をちょっとした興奮状態に導くのです。
だから喫煙者は食欲が低下気味になっているのです。
喫煙の開始の多くは若くて代謝の高い時期です。
この時期から少なめの食事が常態化していれば、スリムな体型です。
でも禁煙すればこの規制がなくなるわけですから、代謝が下がる年代であれば控えめに食べたつもりでもカロリーが多くなってしまいます。

喫煙を続けると太りやすい体質になってしまう

喫煙すると血行が悪くなります。
しかも赤血球は新鮮な酸素以外にも一酸化炭素等を運んでくるようになるので、細胞の求めに応じて体は赤血球の絶対数を増やすことになり、ドロドロの血になりやすくなります。
タバコの煙の中には活性酸素など血管の内皮細胞を傷つける物質がごっそり入っています。
だから喫煙は動脈硬化を強力に推進することになるのです。
喫煙者の中には痩せているのに血中の中性脂肪の数値や血糖値の高い人がいます。
つまり痩せている時点でもメタボリックシンドロームに陥ってる可能性があるということですね。
喫煙によって太りやすい体質になった後にやってくるのは体重が増加するに決まっています。

禁煙後の体重増加は一時的なもの

タバコの煙の中の有害物質は喫煙者の体内に慢性炎症起こして、痩せていてもメタボリックシンドロームに招き寄せようとします。
しかも喫煙者は特有の不活発な生活習慣にも陥りやすいのです。
お酒を飲んで夜遅くに締めのラーメンを楽しむと言った生活ですね。

 

タバコをやめても健康になれるものではありません。
口寂しくなったからといって、つまみ食いを繰り返せばそれが原因で太ります。
タバコをやめたと同時に飴をたくさん舐める人が多いのはそんな寂しさからですね。
でも喫煙はできるだけ早い段階で行った方がいいわけです。
タバコをやめた後々の生存率に響くわけですし、禁煙後の体重増加はいずれ止まります。
禁煙に失敗してまた吸い始めてしまったとしてもあまり自分を責めないで、何度でも禁煙に挑戦して最終的に成功すればいいのですからね。

禁煙とダイエットは同時に行うと良い

禁煙とダイエットを同時に行うと言うのはタブーと言われてきました。
どちらも非常につらいことですから同時にやったら心が折れて両方とも失敗に終わるよと言われていたのです。
禁煙本にもダイエット本にもそれは書かれています。
本人がまだ本心では納得しきっていない時に周囲から強制されるようにして取り組む禁煙の成功率は低いに決まっています。

 

 

タバコをやめるだけではなくて、タバコ型の生活習慣を変えなくてはいけません。
この生活習慣を見直すのがダイエットにも効果的なのです。
食生活が乱れている人なら味覚も回復してきますからね。
タバコを吸っている間は見えない時間を奪われていました。
タバコを買いに行く時間もそうだし、タバコを吸う時間もそうです。
そんな時間が全て無くなるわけですから、その時間をトレーニングにあてることができたなら体重増加を防ぐことができると思います。
空いた時間を集めればかなりの時間になります。
ここは思い切って体にいいもの、体に良い行動を習慣化するチャンスですね。